医学生実習のご案内

精神科医療が体験できる実習を行っています。
お気軽にご相談下さい。

当財団では、精神科の救急からリハビリ、家庭・地域に帰ってからの支援まで一貫して治療を行っています。
退院後もデイケアや訪問看護、そして当財団のすぐ近くにある二つの社会福祉法人と連携しながら、当財団の理念である「その人らしく生きられる」ように、地域での暮らしのサポートをしています。
「ポリクリの前に現場を体験してみたい」「精神科には興味があるがどんな治療を行っているのか見てみたい」と思われている医学生の皆さんには、いつでもご希望の時期に、精神科医療の様々な現場に入ってもらい“治療の場”を知ってもらう実習を行っています。学年に応じた実習を行いますのでお気軽にご相談下さい。

【お問い合わせ】
公益財団法人林精神医学研究所 附属林道倫精神科神経科病院
医局事務課 医学生担当
TEL:086-272-8811 FAX:086-272-8491
E-mail:hama472@po.harenet.ne.jp
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

実習のねらい

【低学年】精神科医療の“治療の場”を知ってもらう

症例を取り上げ、その症例を中心に医師やコメディカルがどのように関わり、治療を行っているか、精神科のチーム医療について理解してもらうことを目標にしています。その際には疾患についてだけではなく、患者さまが抱える悩みや生活背景を理解することも視野に入れています。実際に病棟診察に陪席しながら疾患や状態像について理解を深めてもらいます。加えて、看護師、精神保健福祉士、臨床心理士、作業療法士などからはケースについてのレクチャーを、またタイミングが合えばCC(ケースカンファレンス)に参加してもらいます。

【高学年】より症例と疾患に焦点をあてて

臨床講義やポリクリを終えられた方については、それぞれ興味のある分野、疾患を中心にプログラムを組みます。
〈例〉
・認知症であれば、外来での鑑別診断のプロセスから認知症専門病院での治療について
・うつ病であれば、急性期病棟での診察陪席から薬剤の処方、社会復帰の実際について

大切にしているのは、患者さま個人に焦点を当てた“ケーススタディの視点”と卒後求められる“チーム医療の視点”です。

研修例【1】研修例【2】研修例【3】

研修例【1】Aさんの例

Aさんは精神科志望の5年生。精神科の入院外来の実習をポリクリが始まる前に受けたいということでした。週末を挟んでの実習でしたが、入院診察、外来診察、院内でのコメディカルの関わりまで参加してもらい、多職種が連携しての精神科医療を体験してもらいました。

Aさんの感想

【OT実習】

カフェ形式を取り入れた作業療法でした。作業療法と言われなければ気づけないほど自由な空間で患者さんはのびのびコミュニケーションをとっていました。終了後、反省会の時に、その様な空間を作るのに様々な配慮をしていることを聞き、OTの病院での立ち位置を学びました。

【デイケア実習】

病院で採れた野菜をみんなで食べる会に参加させてもらいました。印象に残ったのは、入院が必要なくらいの患者さんも元気に参加されている点や、病気のために笑顔の出ない患者さんも必ずしも不機嫌というわけでなく、みんなで集まっている空間を好きでいる様だということです。 居心地のよい空間を作ることに力を注いでいてこの空間が患者さんにとってもかけがえのないものであると思いました。

【院長の講義】

いくつかの症例をもとに診断に大切な事を学びました。病院で診察するだけでは患者さんの社会的側面を見失いがちであることを学びました。

【急性期病棟診察】

日頃の病棟の仕事を垣間見ることができました。診察では統合失調症の患者さんの性格が思いのほか多様であったことと、患者さんは短時間の出会いなのに心の通い方に差のあることなどが印象に残りました。

【アルコール病棟認知行動療法】

司会係の人は情報を伝えるように接するのではなく、断酒へ向けて気持ちを整理し文字にするというやり方で接していて、臨機応変に上手に導いておられるように感じました。

【全体の感想】

精神科では特に医師による診断と治療だけでなく、交流できる空間をつくることの大切さを感じました。

スケジュール

1日目
AM

・OTプログラム参加
PM
・デイケアプログラム参加
・医師と交流会

2日目
AM

・クリニック外来診察陪席
PM
・心理検査について講義
・院長より講義

3日目
AM

・急性期病棟診察陪席
PM
・アルコール病棟認知行動療法
 プログラム参加
・医局CC参加



研修例【2】Bさんの例

4年生のBさんは、以前見学に来られたことがあり、当院の概要についてはご存じでした。そこで、今回の実習では1症例を取り上げ、その症例を中心に医師、コメディカルの関わりを通じて“精神科のチーム医療”について理解を深めることをテーマとしました。

Bさんのコメント

【急性期病棟】

病棟医の先生の話し方が患者さまととてもかみ合っていて、患者さまも話しやすそうだったのが印象的でした。ご家族の受け入れが可能かどうか、それを支える社会資源があるかどうかなど、いろいろ考えさせられました。老年期となると、うつか認知症かの鑑別が重大になるのだと、しかもそれも困難な例も多いと勉強になりました。

【全体の感想】

林病院の施設見学は過去にお願いしたことがあり、どんなところかは知っていましたが、今回の実習では、その中でどのような治療が行われているかを一部ではありますが知ることができて良かったです。後期の9〜11月の精神科の臨床系統講義が終わるので、より診断学的なことをまた学びたいです。保健所実習も夏にあるので、また別の視点からも精神科のことを学んでいこうと思います。ぜひ、またよろしくお願いします。

スケジュール

1日目
AM

・急性期病棟診察陪席
 (ランチタイムに解説)
PM
コメディカルの役割について
・精神科看護の視点より:看護科長
・ケースワークの視点より:ワーカー
・OTプログラム参加:作業療法士

2日目
AM

・クリニック外来予診&診察陪席
・ランチ&作業所見学
PM
・心理講義:心理介入の実際



研修例【3】Cさんの例

5年生のCさんは、精神科は初めてですが、精神科の講義を終え、秋に精神科のポリクリ実習を控えている方でした。事前にいくつか気になるテーマを挙げていただき、幅広く精神医療を知っていただくことを基本に、本人の希望する疾患・フィールドに焦点を当てての実習となりました。

Cさんの感想

【外来診察】

クリニックで、アルツハイマー病、適応障害、レビー小体型認知症の方の診察に陪席しました。講義などでしか今まで知ることのなかったHDS-R、神経学的所見などが実際に鑑別診断のために目的を持って使われていることを目の当たりにすることができて良かったです。

【心理社会教育プログラム】

統合失調症の患者さまの生の声を初めてお聞きすることができました。急性期のイメージが一般には強くて、教科書では知っていてもよく分かっていなかったのが現状でしたが、実際には自分ではどうにもならない症状の悪化に悩まされていてなんとかしたいという思いを抱かれていることを知ることができました。

【全体の感想】

今回の実習内容が、自分の今後の選択肢として精神科を挙げる際に有意義なものとなるよう帰ったらまた勉強しようと思います。

スケジュール

1日目
AM

・クリニック外来予診&診察陪席
PM
・急性期病棟・心理社会教育プログラム
・心理講義:
 カウンセリングと心理検査について

2日目
AM

・療養病棟診察陪席
PM
・認知症専門病棟見学
・病棟〜デイケア〜グループホーム



岡山県民医連「医学生のページ」はこちらから