コメディカルスタッフより

医師とともに多職種が連携をして患者さまの治療にあたるが精神科の特徴。
私たちもチームの一員として、患者さまをサポートします。

イメージ
イメージ
看護師|眞柄 弘美

子育てをしながら働ける病院です

私は看護学校を卒業後すぐに結婚、出産しました。子供が1歳になった時に就職先を探していたところ、知人から院内保育園がある林病院を紹介してもらいました。
当初は、仕事と育児を両立していけるのかとても不安でしたが、子供が熱を出して職場に迷惑をかけることがあっても「私たちもみんな通ってきた道だから。」と上司や同僚がサポートしてくれました。そんな職場環境に恵まれ、その後も2人の子供を出産し、当院で働き続けて20年が過ぎました。この間、様々な病気を抱えた患者さんと出会い、私自身も患者さんから多くのことを学ばせてもらいました。精神科には生きづらさを抱えた患者さんが多く、そういった患者さんが本来生活すべき場所で、“その人らしく生きられるよう”支えていく必要があります。そのため、医師をはじめ、看護師、精神保健福祉士、作業療法士など多職種での連携は必要不可欠です。
医師をめざす皆さん、林病院は、仕事と育児を両立させながら働ける病院であり、何より患者さんの立場にたった医療を多職種で連携しながら行っている病院です。ぜひ私たちと一緒に働いてみませんか。


イメージ
イメージ
精神保健福祉士|内田 梓

やりがいのある精神科チームの一員に

精神科ソーシャルワーカーの仕事は、精神疾患があっても「当事者自身がその人の人生を主体的に生きていく」ための伴走者です。そのために必要なことは何でもします。時には患者さんと一緒にBBQをして思いっきり楽しむ、足の踏み場の無い部屋を掃除したり、小学校の参観日に出たり…。
精神科疾患の治療は特効薬がない病気がたくさんあります。特効薬がない分、患者さん自身が病気と向き合ったり、自分の人生をどう生きていくかという力がとても重要です。私たち専門職は医師、看護師、薬剤師、作業療法士、心理士、ソーシャルワーカーがチームを組んで、患者さんが生活していくために、その人らしく生きるために、それぞれの専門職がどう関わるかを検討しながら治療に活かします。そこに正解はありません。患者さんのこれまでの生き方や考えに寄り添いながら、それぞれの専門的な知識と自分自身の人生の経験や人間性をフルに活用し勝負します。私自身が経験した別れや出会い、成功体験や失敗体験、喜び、苦しみ、公開、反省etcすべてが、専門職としての武器になります。そして患者さんやチームと一緒に喜びやくやしさなどを共有できる醍醐味があります。何とやりがいのある仕事に就いたものだと思います。ぜひ、私たちのチームの一員として一緒にこの醍醐味を味わいましょう!!


イメージ
イメージ
公認心理師|野崎 詩織

多職種と連携して治療に

公認心理師は、カウンセリングや心理検査を担当しています。カウンセリングでは医師の診察と並行しながら患者さんの問題となっている出来事やこれまでの人生を振り返ったり、気持ちの整理をしたり、考え方を修正することで、問題を解決していけるように話し合っていきます。また、最近では患者さんのニーズによって認知行動療法を行うことも多くなっています。心理検査では、患者さんが言葉として表現できない気持ちや、問診だけでは把握しきれない特性を明らかにしたり、患者さん自身が自分を理解するための一助として活用できるように行っています。
こういった諸検査で得たデータや患者さんの気持ちを医師にフィードバックすることで、医師がより的確に診断、治療をしてもらえるように連携をしています。
林病院は、他の病院に比べて多くの公認心理師が働いており、相談や意見交換をしながら仕事をしています。精神科の単科病院という事で、様々な精神疾患を抱えた患者さんがいる中で、新しい発見や学びがたくさんあります。他の職種の肩とも連携しながら様々な見方や意見を交換し合いながらやっていけると思います。それが精神科ならではの面白さだと感じています。ぜひ、林病院で一緒に働き、患者さんのことを共に考えていきませんか?お待ちしています♪


イメージ
イメージ
作業療法士|内田 卓也

それぞれの職種の面白さを共有して治療に

作業療法では、患者さんの病気の部分やマイナス面に本人も周りも目が向きがちになりますが、作業療法では患者さんの健康面や本来持つっている力を見つけ、そこを伸ばすことを大事にしています。精神科のリハビリテーションでは人と人との交流が安心感や楽しみなど様々な感情を生み、それが希望につながり治療となることにやりがいや面白みを感じます。また、私たち自身を治療に活用しつつ時には患者さんから教わりながら、共に成長を体験できることにも魅力を感じています。研修医・医学生のみなさんには色んな職種を体験して頂き、それぞれが持っている特徴や面白さを共有し、共に治療にあたっていきたいです。