コメディカルスタッフより

医師とともに多職種が連携をして患者さまの治療にあたるが精神科の特徴。
私たちもチームの一員として、患者さまをサポートします。

イメージ
イメージ
看護師|眞柄 弘美

子育てをしながら働ける病院です

私は看護学校を出てすぐ結婚・出産しました。子どもを抱えての看護業務は難しいなあと思っていた時、「院内保育園があって子どもを預けながら働ける病院があるよ」と知り合いの人に教えてもらったのが林病院でした。精神科には実習時に、表情をなかなか出されない患者さんが最終日に笑ってくれたのが嬉しかった経験があったのも決め手になりました。
入職してみて、先輩職員はじめスタッフが優しくてアットホームで、子どもが病気をした時も、快く「大丈夫だよ」と休ませてくれました。子育てをしながら働き続けられたのは“みんなで支え合う”風土があるこの病院だったからだと感謝しています。
精神科には長期入院患者さんが多く、その方たちの退院を進めていく取り組みをしています。そのためには医師はもちろんですが、看護師、ワーカー、OTなど様々な職種の人と協力して、その人に「退院して生活したいな〜」と思ってもらうことが肝心です。とても大変な仕事ですが、患者さんが地域で生き生きと暮らす姿を夢見て頑張っています。
医師をめざす皆さん、特に女性の皆さんへ。出産・子育ては働き続ける上で大きなハードルですが、林病院はみんなで支え合うことができる職場です。一緒に精神科の患者さんを支えていきませんか?


イメージ
イメージ
ソーシャルワーカー|國清 里美

「その人らしく生きられる」
病院・地域づくりを一緒に

林病院はソーシャルワーカー(以下ワーカー)の数がとても多いです。これは患者さんのニーズに寄り添いしっかり関わり、医療と共に生活面やご本人の強みを多職種と共有していく為にもとても大切なことです。
ワーカーの仕事は、生活相談、家族相談、年金、手帳、入院相談、地域のネットワーク作り等幅広く、ここまでというものはなく、特に精神科病院のワーカーは本人の人生や希望にゆっくりじっくり寄り添う事が多いです。関わりの中で、一歩ずつ「その人らしく」主体的に生きていける様な関わりを心がけています。とても遣り甲斐のある素敵な仕事だと思っています。
林病院の今後の展望の中に、グループホームの増設と地域で生活する患者さんのサポート体制を更に充実させるというものがあります。その為にはカンファレンス等で先生をはじめ多職種で連携していく事が必要不可欠です。
グループホーム入居者の中には、何十年も長期入院されていた方もいます。地域で暮らす喜びや楽しみを見出せるように、グループワーク、レクリエーション、料理や余暇の過ごした方等生活に密着した取り組みもしています。
林病院の理念でもあります「その人らしく生きられるように共に支えあう」病院、地域作りを一緒にして行きましょう。ぜひお持ちしています☆


イメージ
イメージ
作業療法士|豊田 奈津子

その人の本来持っている力を伸ばすのが
精神科の面白さ

私は昔から友人の相談にのったり、人と関わるのが好きでした。そういった性分だったから作業療法士になって精神科病院に就職したのかなと思います。
患者さんの病気の部分やマイナス面に本人も周りも捉われがちですが、作業療法では患者さんの健康面や本来持っている力を見つけ、そこを伸ばすことを大事にしている所に面白みを感じています。また精神科では人と人との交流が安心感や楽しみなど様々な感情を生み、それが希望につながり治療となります。そして私たち治療者自身をも治療に活用できるため、患者さんと向き合うと同時に自分自身とも向き合う事で常に自分の成長にも繋がっていると思います。
林病院では、再入院した患者さんが、患者さん同士で「久しぶり。元気にしてた?」などと言葉を交わしているのを良く耳にします。林病院の中に一つの社会があり、ぬくもりを感じます。研修医・医学生のみなさんには色んな職種の体験をして頂き、それぞれが持っている特徴・面白さを共有し、共に治療にあたっていきたいです。


イメージ
イメージ
臨床心理士|野崎 詩織

多職種と連携して治療に

臨床心理士は、カウンセリングや心理検査を担当しています。カウンセリングでは医師の診察と並行しながら患者さんの問題となっている出来事やこれまでの人生を振り返ったり、気持ちの整理をしたり、考え方を修正することで、問題を解決していけるように話し合っていきます。また、最近では患者さんのニーズによって認知行動療法を行うことも多くなっています。心理検査では、患者さんが言葉として表現できない気持ちや、問診だけでは把握しきれない特性を明らかにしたり、患者さん自身が自分を理解するための一助として活用できるように行っています。
こういった諸検査で得たデータや患者さんの気持ちを医師にフィードバックすることで、医師がより的確に診断、治療をしてもらえるように連携をしています。
林病院は、他の病院に比べて多くの臨床心理士が働いており、相談や意見交換をしながら仕事をしています。精神科の単科病院ということで、様々な精神疾患を抱えた患者さんがいる中で、新しい発見や勉強がたくさんあります。他の職種の方とも連携しながら様々な見方や意見を交換し合いながらやっていけると思います。それが精神科ならではの面白さかなと感じています。ぜひ、林病院で一緒に働き、患者さんのことを共に考えていきませんか? お待ちしています♪