先輩看護師の声

若手看護師からのメッセージ&入職アドバイス

入職後数年の若手看護師から、就職活動中の看護学生の方へメッセージをお送りします。
精神科を選んだ自らの思いや入職経験を通じたアドバイスなど、少しでも参考になればと思います。

喜井 のぞみ
林道倫精神科神経科病院


新卒ですぐに精神科病院に就職することに不安がありましたが、
就職説明会での先輩の話などを聞き、林病院への就職を決めました。

私は林病院に就職して2年が経ちましたが、とても働きやすく、自分のペースで楽しく仕事ができています。ソワニエ看護専門学校の卒業生も多く、相談や質問がしやすい雰囲気です。
新卒ですぐに精神科病院に就職することに不安はありましたが、就職説明会での先輩の話や、実習の時に病棟職員の方に丁寧に優しく指導をしていただいたことから林病院に就職を決めました。就職後、基礎看護技術研修や病院、病棟の学習会が多くありたくさんのことが学べます。
私が現在勤務している病棟は、身体管理を必要とする患者さんが多く、正確な知識や技術が求められます。総合病院と比べて、技術面を心配されている方もおられると思いますが、実際に働く中で日々基礎から技術を習得することができるので安心してください。また、仕事とプライベートの区別がはっきりしていて、終業後や休日は趣味や遊びに没頭しています。精神科看護に興味のある方は、ぜひ一緒に働きましょう!

大星 七歩
岡山ひだまりの里病院
認知症治療病棟配属


看護学校3年生の時に認知症看護への思いが強くなり、この病院へ。
現在、周囲の皆さんのサポートのおかげで日々成長できています。

岡山ひだまりの里病院に就職させていただき1年が経とうとしています。看護学校3年生の時に認知症看護がしたいという思いが強くなり、この病院を希望しました。最初は看護技術を身につけるために一般の総合病院に就職したほうがよかったのではないかと悩んだ時期もありましたが、看護師としてスキルアップできるよう病棟師長をはじめ、先輩看護師、他職種の方々から指導やアドバイスを受け、日々成長できるよう病棟全体でサポートしてくれています。また自分に足りない部分を補うために積極的に研修にも行かせていただいています。
岡山ひだまりの里病院での業務は日々の生活のケアが主となっており一般病院のような看護的な部分は少ないのですが、高齢者、認知症の患者さんでは自分の思いや症状を伝えてくれる方は少なく、患者さんが口にせずともいつもと比べて何かおかしいな?というところから症状の悪化を防いでいくことが重要だと感じています。一般病院のように最先端の医療機器があったり高度な看護技術が必要な職場ではありませんが、関わり、観察力といった自分の身体だけで患者さんの状態を良くも悪くもしてしまうというところにとてもやりがい、魅力を感じています。これからもっと自分の感性を磨き、患者さん一人ひとりがその人らしく生活を送れるよう努力していきたいと思います。

和田 翔太
林道倫精神科神経科病院


林病院にはしっかりした研修制度があること、
病棟の雰囲気が良かったことが私の入職理由です。

私は実習で精神科看護の楽しさを知り、精神科病院に行きたいと思っていました。一方、就職前は精神科病院では看護技術が学びにくいのではないかと不安でしたが、林病院ではしっかりした研修制度があると聞き、病棟の雰囲気もよかったので就職を決めました。
実際に入職した後は、基本的な看護技術をマンツーマンで一から丁寧に指導していただき、確かな技術を身につけ働くことができました。
また私が働いている病棟では精神疾患だけではなく身体的疾患を抱えた患者さんが多くおられ、精神面でも身体面でも学べることがとても多く、日々成長できていることを実感しています。
林病院に就職して一番よかったことは、スタッフ同士の仲が良く、話がしやすいことです。入職してすぐは緊張と仕事を覚えることでいっぱいいっぱいでしたが、どの先輩も「大丈夫? 急がなくてもいいよ」「何回でも聞いたらいいからね」「困っていることはない?」などととても優しい言葉をかけてくれました。仕事をするうえでスタッフ同士が気軽に話をし相談しやすい場があることは、入職当時の私にとってとてもありがたいと本当に実感しました。林病院は笑顔いっぱいのとても働きやすい職場です。

PAGE TOP